血筋の恐ろしさ

サンデーリナ
お父さん サンデーサイレンス 奥さん リナパリティ 奥さんお父さん リナミックス(Linamix)
奥さんの奥さん パリティビット(Weekend Surprise)
設置11年頃目線にサンデーサイレンスとの組合せでニックスといったアウトブリードの子供が出来るという事でお父さんサンデーサイレンスって奥さんの奥さんパリティビット(Weekend Surprise)の使い道の高さへの見どころもあって組合せする事とし、来季に生まれたのがこういう産駒。最善ウエイト432㎏。栗東森山厩舎(森秀行+戸山結果男子)仲間入り。本賞金6億8300万円。総賞金13億6400万円。暮らし結果27戦27勝。公刊戦から休息まで全ての試合に勝つ。お父さんの進展が確保だった結果、3年齢機会(現2年齢)から活躍してくれた。ノーザンソムニア(ジョテイイッセイ)、リアルプチカに次ぐ3胸中目線の牝馬三タイトルの見出しを奪い取り、マイルチャンピオンシップ、エリザベス女王杯、秋華賞、オークス、桜花賞、阪神3年齢牝馬SといったG1見出しを取っていた。ただ、ライバルとなる馬がいた事や様々な成分が重なって最後のヒトは違う馬をプライオリティーさせたりして、せっかくの牝馬三タイトル馬の称号を色褪せさせてしまっていた事は否定できない。ところが、優先して使ってあげなかったり、心配の少ない重賞へ行かせてりとかしてもふてくされたりせず、自らの真骨頂を信じ、全力で走ってくれた事はこういう馬に謝礼すべき点であろう。前記で奥さんにパリティビット(Weekend Surprise)を受け継いだ馬に随分想う様な登録を残せないはあったが、こういう牝馬の祖母になった機会、是非産駒に出て来てくれたという事でサドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)の様にお父さんとしてはなかなか津々浦々や米国では命中を修められなかったが先祖や奥さんお父さんになって結果を記したという事でこういうパリティビット(Weekend Surprise)にも当てはまるのではないだろうか。テイエムオペラオーはオペラハウスの仔だがサドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)をお父さんに持つ結果、人気は可愛らしくなかった。ただし、日本で駆け抜け、驚異的な登録を記した。サドラーズギャルもお父さんにサドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)に持つが、増加牝馬として結果を修めていた。ただし、ライバル馬が後輩や同期でいた為に、なんだか休息という事を練るタイミングに来てしまった。どうしても寄る年波には損するについてだった。それにこれ以上こういう牝馬に捜し求めるものを勧め過ぎて予後不足になる状況の方が引き続き凄いとしていた。なので設置19年頃1ひと月1ウィークに8年齢(現7年齢)で休息させ、増加牝馬になってもらう状況とする。増加牝馬も高齢化が進んで来ていて若返りを考えなければいけない形勢となっていた。3億4300万円でバイヤーはいたが、とうにそんなものには期待もなかった。勝鞍はマイルチャンピオンシップ、エリザベス女王杯、秋華賞、オークス、桜花賞、阪神3年齢牝馬S、CBC賞、阪急杯連覇、京成杯オータムハンデ、京都金杯、府中牝馬S、函館疾走S、函館土産、京都土産、阪神牝馬特定、神戸新聞紙杯、マーメイドS、オークストライヤル、アーリントンC、フェアリーS、京王杯3年齢S、アイビーS、野路菊S、クローバー賞を勝つ。札幌の1500mで1:27
0、函館の2000mで1:57
2の2つのレコードを持つ。主戦騎手冒頭は小田部(岡部幸雄)が、晩年は不二田(藤田伸行)が乗ってくれていた。
ディーラーストリートに行ったら元バイトしてたケーキ屋が潰れてなくなってた。
今ではタコヤキ屋になってる。
素晴らしいダイアリーばかりじゃなかったけど、知ってるエリアが無くなるといったさすがちょっとだけうら淋しいなあ。
それはそうとディーラーストリートのきっかけにとてつもないクリスマスツリーが飾られてた。
普通はどのくらい前から彩るもんなんだろう?
事例ごとは長く楽しみたいタイプだから、少々早くても指導は乏しいけどね。
どっちかって言うと、余韻なく終わってしまうサイドに物足りなさを感じるかな。
クリスマスなんて26日光になった瞬間にすぱっと終わって、一気に暮れ一色じゃん。
慌しいのは仕方ないけど、もう少し余韻を楽しみたいなあ。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ