土俵観劇

前日、周りとともに「立場 あずみ 戦国版」を観てきました。もう、はたしてビックリでした。ものすがいリズム感という、奥深い用件に、常に笑顔って涙が立ち寄りませんでした。何といっても、殺陣が凄かった。常に、殺陣、殺陣、殺陣の連続で、すさまじさ極限でした。
自分はうきは役の鈴木君が好きであずみを観に行ったのですが、いまだに安定の動作器量という殺陣で、心から素晴らしかっただ。鈴木君の参加浴びる立場の切符はなかなか取れないため有名で、正しく生で鈴木君の立場を見る事が出来たのは、これがはじめてだったのですが、今や結構感動しました。
お金が許すならば、再び見たいというぐらい、素晴らしかっただ。
近い将来、人口才能が実業に大きな役割を担うことは自然の流れのように思います。記事などで解る点、診療や自家用車仲では定着して要る言い回しになっています。
人工才能の可能性を素地に知ら閉めたのが囲碁ソフトでした。囲碁の変化は天文学的にあり、少し前まではハンデーキャップの無い対局はとても考えられないことでした。
それはイベントと言って良いほどのダメージでした。Googleが開発した「AlphaGo」が世界のスタート名手に五番チャレンジに4勝1敗で断トツしたのです。負けじと今度は日本の囲碁ソフトが日本のスタート名手を相手に三番チャレンジの対局が進行中です。名手棋士と互角以上に張り合える用量を見るに、囲碁ソフトの飛躍的な増加には驚かされます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ