スピロノラクトンを飲む前にチェックするポイント

スピロノラクトンを飲む際の注意点

スピロノラクトンは降圧・利尿剤です。尿を通して無駄な水分を塩分と一緒に体の外に出す作用があります。むくみを取るのと血圧を下げる効果もあります。また、体内の水分量が減ると血液量も減ることになりますから、心臓への負担を軽くすることができ、慢性心不全に対してもよい効果があります。

 

ですが、注意点を無視して、どんな場合でも使える薬品ということにはなりません。効果は高いですから、注意点を覚えておいて効果的に使えるようにしましょう。

 

スピロノラクトンの仕組み

アルドステロンという血圧を上昇させる効果を持つ物質が体内には存在します。この物質は血液に含まれるナトリウムを体に吸収させる作用がありますが、この時に水分も体内を移動します。これで体内の水分量が増えることで血圧が上がります。

 

スピロノラクトンはアルドステロンの効果を邪魔します、これでナトリウムは体内に吸収されづらくなり、尿と一緒に体の外へと排出されることになります。体の中の水分量が減ると血圧は下がります。これがスピロノラクトンによる降圧・利尿のメカニズムです。

 

スピロノラクトンを飲む際の注意点

スピロノラクトンに降圧と利尿の効果がある理由を簡単ですが説明しました。しかし、注意点を全く考慮せずにスピロノラクトンを利用するのは危険です。こんな時には利用しない、注意して使うといった注意点をしっかり予習しておきましょう。

 

この先は服用時に留意すべき注意点について説明していきます。

 

服用が禁止されているケース

 

無尿・急性腎不全患者

尿を増やすということはつまり腎臓を活性化させて普段より活発に動かすということです。

 

腎臓の状態が悪ければ、状態はもっと悪くなってしまいますので服用は禁止されています。

 

高カリウム血症患者

スピロノラクトンはナトリウムを体の外に出す効果があります。しかし、カリウムに関しては逆に滞ります。

 

高カリウム血症の患者さんは症状が悪くなってしまいますので注意しましょう。

 

アジソン病患者

アジソン病患者は元来、体内のアルドステロン量が少なくなることからカリウムを体の外に出す力が小さくなります。スピロノラクトンはカリウムを出す力を小さくしてしまいますので、高カリウム血症の危険があります。

 

タクロリムス、エプレレノン、ミトタン服用中患者

タクロリムス、エプレレノンはスピロノラクトンの効果を高めますから、効きすぎにより高カリウム血症のリスクがあります。

 

さらに、スピロノラクトンはミトタンの効果を減衰しますから、併用はしないようにしてください。

 

服用注意のケース

心疾患のある高齢者、重篤な冠硬化症もしくは脳動脈硬化症患者

心臓や重要な血管が弱っている患者さんは気をつけて下さい。急な利尿作用により水分が体内で大きく動くと、血液も大量移動があります。これにより血栓ができてしまう可能性が高まります。

 

減塩療法中の患者

スピロノラクトンはナトリウムを体の外に出しますので、減塩療法でナトリウムが足らない状態では低ナトリウム血症になる可能性があります。

 

高齢者


高齢者であると大きな利尿作用により、脱水症状を起こしたり、血圧低下によりめまい、たちくらみ、失神による転倒で怪我をしてしまう可能性が高くなります。トイレの際には家族の誰かが付き添うように心がけましょう。

 

肝障害患者

カリウムの一部は肝臓に溜められています。万全であればよいのですが、スピロノラクトンの効果で体内カリウム量が増加すると肝臓へも負担がかかります。

 

乳児

乳児は体が小さいために電解質バランスを大きく崩しやすいです。ですから大人よりも低ナトリウム血症や高カリウム血症にかかりやすいことを忘れないでください。

 

服用を見送った方がいいかもしれないケース

妊婦

 

妊婦への安全性が確立されていません。可能ならば使用を回避した方がよいでしょう。母乳を通して乳児の体に入ってしまう可能性も高いですから授乳期の使用も避けましょう。

 

スピロノラクトンの服用方法の注意点

スピロノラクトンはこんな服用法は避ける、こんなタイミングでは飲まないといった注意点を解説します。

 

長期連用は避ける

未確認の情報ですが、スピロノラクトンを長期間服用で乳がんリスクがたかまったという報告があります。

 

大量服用は避ける

用量を無視して大量服用すると眠気、めまい、嘔吐、精神錯乱、電解質バランスが崩れる、下痢、脱水症状などなど様々な症状が出ます。

 

機械や車の運転は避ける

スピロノラクトンは眠気やめまいといった副作用も持っています。機械や車の運転中にこれらの症状が出ると危険ですので直前の服用はやめておきましょう。

 

スピロノラクトンの副作用・相互作用に関する注意点

これまでスピロノラクトンを服用するのに注意が必要な人や、飲む時間の話をしてきました。

 

しかし、飲んでも問題のない人が適切なタイミングで飲んでも副作用がでます。前もって副作用について予習して置きあしょう。

 

既に軽く触っていますが、スピロノラクトン単独使用ではおこらない問題も、他の薬との併用では気にしなければならないポイントがあります。

 

これらを大きく2つに分けて解説していきます。

 

スピロノラクトンの副作用について

副作用リスクはそこまで大きくないですが、ないということではないです。

 

代表的な副作用としては

 

食欲不振、嘔吐、口渇、下痢、便秘、眠気、めまい、月経不順、性欲減退

 

などがあります。

 

いずれも生命を脅かすような大きなものではないのですが、どうしてもきついようなら医師に相談してみるのをおすすめします。量を減らす、他の薬に変える等の対応をしてもらえるかもしれません。

 

スピロノラクトンの相互作用について

医薬品の処方量は「この薬の効果ならばこの位」という判断の物に決定しています。本来想定していた効果からずれるのは望ましいことではないです。

 

既に一度説明したように、スピロノラクトンはタクロリムス、エプレレノンを併用すると効果が強まってしまいます。

 

そしてスピロノラクトンを飲むことでミトタンの効果は弱まってしまいます。

 

併用した薬の効果を増減してしまうのが相互作用です。相互作用を持った組み合わせの薬は併用しないようにした方がいいでしょう。

 

スピロノラクトンとはこんな薬


スピロノラクトンとは、ナトリウムや水を体内に溜めるように働く副腎から分泌されるホルモンであるアルドステロンの働きを抑制する薬で、むくみを解消したり血圧を下げたりする効果があります。
注意点は、スピロノラクトンだけではその作用は弱く、単独の使用でむくみや高血圧症を改善する事は出来ません。

 

スピロノラクトンはナトリウムだけを排泄してカリウムが体内へ排泄されるのを防ぐ効果があるため、利尿剤の使用によって起こる副作用である低カリウム血症を予防するために他の利尿剤と併用して使用されます。

 

本態性高血圧症や腎性高血圧症、腎性や肝性などの様々な浮腫、悪性腫瘍に伴う浮腫や腹水、栄養失調性浮腫といった症状を改善するために使用されます。

 

副作用としては、注意点として発疹などのアレルギー症状や、日光に当たった部分の皮膚が赤くなったり痒くなったりする日光過敏症などの過敏症が起こる場合があります。
また、注意点としては長期間続けて使用する事で低ナトリウム血症や高カリウム血症の代謝異常を引き起こす事があります。
その他にもめまいや吐き気などの副作用が現れることがありますが、この様な症状が現れた時には医師と相談し、1日の服用回数や時間、量などの調整をするようにしましょう。

 
http://www.modaepidemic.com/ http://www.mulberry-veskeroslo.com/ http://baise-mature.net/ http://grilhotel.com/